SNSをやっているけど、何か稼ぐ事は出来ないの? ノウハウコレクターになってませんか? 良さそうだなと買ってみて、結構な値段を支払い 使えなかった。 と、思って居るなら一度覗いてみて下さい。 中に色々な物が揃っています。 ☆彡5月中は大変お得に入会できます☆彡 https://lushlife-asp.com/ad/13448/1013820

②の続き。もう少し続きます。暑いですね!朝夕は冷えますけれど・・・。

元々ポリフェノール類は、渋かったり苦かったりします。
そうで無い物も有りますが、「良薬口に苦し」というように
そういうものです。
大量に摂取すると、人間にも害が有りますので
昔の人は、良く考えたもので、アク抜き技法が発達したのです。
水でも良いもの(水溶性)や灰汁(アルカリ)で抜いたり
色々な手法を、今の様に化学が発達してない環境で
理屈でなく、実践で試して来たのでしょう。
頭が下がります。
人間の歴史は、そういう「チャレンジャー」が
数々の経験を通して、技術や技法として受け継ぎ、
さらにそれを工夫・発展させて現在があると思います。
そして、どうしても解消出来なかった物や、
秘伝の物が、「毒」として認識されているのだと思います。
フグの毒やカビの毒、蛇の毒、等々。
今は化学構造や何故毒として働くのか、
どういう構造だと毒になるのか、までは解って居ますが
対処法が解って居るものと、未だ判らないものが有ります。
これも奥が深いです。
全ての毒物は、粉末(結晶状態)だと、比較的安全に操作できます。
しかし、結晶が水分に溶けた瞬間から効力を発揮します。
粘膜など、水分豊富ですから取扱は注意です。
また脱線しました。
物質は、水に溶けるもの(水溶性)、水に溶けないもの(不溶性)
水には溶けないけれど、油に溶けるもの(脂溶性)、
性質の違いで、酸に溶けるものやアルカリに溶けるものなど
種類が色々あります。
その性質の違いで、使い道も色々あります。
それらの成分を分離する時も、その性質の違いで分ける事が出来ます。
化学が面白いのは、そういう部分があるからです。
植物も動物も、細胞内の殆どは水分です。
ですから、水溶性の物が殆どです。
でも、水溶性物質だけだと雨が降ったり、水をやったりすると
簡単に溶けてしまいます。
そうならないのは、細胞の周りを囲う物が有るからです。
所謂、細胞膜です。
細胞膜は、脂肪酸とリン酸がくっ付いた物が
お互いにくっ付き合って、シート状になっています。
その内側は、親水性の物が、外側にはそうで無いもの(疎水性)が、
同じ様に並んでいます。
そして、その外側をタンパク質の膜や、
植物ではセルロースの様な糖質の殻が包んでいます。
脂肪酸とは、一言でいえば油です。
脂肪酸は、光合成で出来たブドウ糖から、
酵素の働きで合成して作られます。
ごま油とか大豆油とか、色々な植物性の油は、そのように作られます。
この油も、細胞内では大切な働きをします。
SNSをやっているけど、何か稼ぐ事は出来ないの? ノウハウコレクターになってませんか? 良さそうだなと買ってみて、結構な値段を支払い 使えなかった。 と、思って居るなら一度覗いてみて下さい。 中に色々な物が揃っています。 ☆彡5月中は大変お得に入会できます☆彡 https://lushlife-asp.com/ad/13447/1013820 どんどん進化してます。今はついに「瞑想」まで進みました。 ⇒https://act-info.biz/l/c/idQ2Xq4s/e90rXUzD

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント