SNSをやっているけど、何か稼ぐ事は出来ないの? ノウハウコレクターになってませんか? 良さそうだなと買ってみて、結構な値段を支払い 使えなかった。 と、思って居るなら一度覗いてみて下さい。 中に色々な物が揃っています。 ☆彡5月中は大変お得に入会できます☆彡 https://lushlife-asp.com/ad/13448/1013820

チョッと中断しておりました。再開します。土づくりに関して①

中断しておりました。
①の中に②も含まれますので、②は同じ枠で話します。
堆肥を使う理由は、現在は生産量が多く、
条件次第では手軽にしかも他に比べて安価に調達できるからです。
袋詰めの物しか入らないようだと、コストが掛かりますが
バラ堆肥が手に入るならば、とても助かります。
私の考えでは、堆肥を投入するのは
炭素源の補充と、微生物の補充、微量要素まで含めた養分の補給、
それらが入ることによる地力の向上を目的としております。
どうしても堆肥が手に入らず、コストが高くつくようですと
もう一つ考えられるのは、
前作の残渣の鋤き込みです。
もっとも、この方法は自作との間の期間が取れる事が条件です。
土中で残渣が分解されるには、作物によって異なりますが
最低1か月以上、一定の時間が必要です。
それと、微生物による分解ですので
土壌中の水分と、残渣の分解に見合う量の窒素が必要です。
堆肥の投入でもそうですが、
適度な水分を含ませて、被覆することで
土壌中の残存根や、収穫期間中や撤去作業中に落ちた残渣の分解をします。
この残渣を分解することは、特に施設栽培では
最も重要な事だと考えております。
残渣が残る事に起因する障害が、
土壌病害の殆どではなかろうかと考えています。
圃場を整備して、定植した後の生育や収穫に
かなりの影響を及ぼします。
圃場の土壌の状態を考える時に、一番良い比喩は
自分が生活する環境を当てはめる事です、
ゴミの少ない環境で生活し、
フカフカの布団で眠り
3食過不足なく摂って活動するのが、心地良いと思います。
植物にとっての土壌環境を、効率良く作り出す事が、圃場作りです。
炭素源と微生物の働きで、土壌がフカフカになります。
そして、微生物が残渣を分解することで、
植物にとって奇麗な環境が出来ます。
微生物が良く働いてくれると
嫌地現象の原因物質の分解をします。
個人的考えですが、山や野原では、毎年同じ植物が育ちます。
それは、土壌中の微生物環境が理想的な状態だからだと思っています。
自然の営みは、良くしたもので、
その化学的・物理的環境によって植生が変わっていきます。
その変遷を観察するだけでも、自然の偉大さというものを感じる事が出来ます。
今では当たり前に行われている水田圃場の作り方でも
昔の人は良く考えたものだと感心します。
とても理に適った事が行われ続けています。
最近は、手が掛からない一発肥料が使われております。
もみ殻は持ち出して、他所で処理されています。
それらで損なわれた物を補充する事が大切になって来ている様に感じます。
基本は地力の保持です。
SNSをやっているけど、何か稼ぐ事は出来ないの? ノウハウコレクターになってませんか? 良さそうだなと買ってみて、結構な値段を支払い 使えなかった。 と、思って居るなら一度覗いてみて下さい。 中に色々な物が揃っています。 ☆彡5月中は大変お得に入会できます☆彡 https://lushlife-asp.com/ad/13447/1013820 どんどん進化してます。今はついに「瞑想」まで進みました。 ⇒https://act-info.biz/l/c/idQ2Xq4s/e90rXUzD

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント