ついに3月に突入しました。

早い物で今日から3月です。
今年の冬は暖冬のまま終わりそうな気配です。
12月から2月の間の降水量は、過去最低レベルでした。
浅い井戸は水枯れしたところも有ったようでした。
年明けからブログの更新は数える位でした。
そろそろ本格的に再開しようと思いながら
今日まで来ました。
何となく一方的に進める虚しさを感じて
中々書くことが億劫になっておりました。

長期予報によると、
今年の春は雨が多く、気温はやや高め。
6月からの夏は平年並みとの予想が出ております。
まぁ、なってみないと解りませんが、
当初の冷夏予報や、
ここ数年の猛暑よりはマシかなと思っております。
1年1年、健康に気を付け
どういう季節に成ろうとも
お互いに乗り切っていきましょう。

何の植物でも、基本の基本は土作りです。
やはり微生物の多く住む土壌が肥えた土になりますし
土の団粒化が進むために、保肥力と保水力が上がり
空隙率も上がるので、
植物の根にとって生育し易い環境が出来ます。
強い団粒を得る為には、
単一の菌ではよくありません。
好気性菌だけでなく、嫌気性菌も必要です。
両方の性質を持つ物も大切です。

オルガSPには、トーマス菌由来の菌種と
オルガ菌由来の絶対嫌気性菌とが含まれます。
「地力」と言われるものが付きます。
勿論、菌だけを投入しても良くは有りません。
菌が増える環境を作る事です。
長くなりますので、続きはまた別項で。