土作り その2(昨日の続きです)

では、微生物は、どうすれば良く増えるかと言いますと、微生物の餌となる物が、土壌中に有る事が大切です。餌にはどういう物が有るかと言いますと、簡単に言うと、植物や動物の死骸がそれに当たります。タンパク質やデンプン質、脂質等、炭素源と窒素、リン酸カリを含む有機質が必要です。
だからと言って、生の状態の有機物を土壌に入れると、その分解に時間が掛る事と、その有機物の分解に窒素等を消費するので、植物が窒素を吸えなくなったり(窒素飢餓)、分解する時に出る物質(ガスや有害物質)で、植物の根が傷んだりしてしまいます。
それで、堆肥やボカシとして、一度発酵させて分解し、その中に微生物が沢山いる状態で有機物を入れてあげる事が大切です。
そうすれば、圃場の土の中にある、未分解の有機物を、投入された堆肥の中の微生物が、堆肥に含まれる窒素を利用して分解してくれます。
そうする事で、圃場の土中に未分解物が少なくなります。未分解物を少なくすると、どう言う良い事が有るかと言いますと、未分解物にたかり易いフザリウム等の病原菌が繁殖し難くなります。有機物が分解されると、植物が吸える形の養分も多くなります。同時に、微生物も増えて、植物との共存関係が出来てきます。また、微生物が増える事が地力の向上そのものです。
話が長くなりましたが、土壌の中に、稲わらやヌカ、堆肥等と善玉菌を入れる事によって、炭素率が上がり、これらの有機物を効果的に消化させる事により、病原菌や未分解物が少なく、植物にとって居心地の良い環境を作ってあげられます。この過程で、今流行りの酵素や核酸、アミノ酸、有機酸と言った物質が、土壌中に多く含まれるようになります。森の木がスクスク育つのは、この作用です。
土壌のペーハーの調整は、弱酸性を保つようにします。
カルシウムは、植物の細胞を強くし、病害虫に犯され難くなったり、折れ難くなったりする作用が強くなり、また、抗酸化物質を作ったりするのに必要なので、不足する事が無いようにします。
苦土分は、葉緑素の構成成分だったり、タンパク質の代謝に関する酵素にも使われたり、等の代謝に影響を与えたりする事から、これも期間を通じて不足する事が無いようにします。特に苦土分は、不足すると外側の古い葉が黄色く(窒素不足でも)なってきます。折角の充実した強い葉がダメになると、その後の生育と収量に影響が出ますので、不足しないように気を付けます。
最近は、ケイ酸分に注目しております。。露地栽培でも、施設園芸でも、ケイ酸分を入れて上げると、生育も収量も比較的良いように感じております。随分前からケイ酸は注目されて来ました。火山灰度が中心の日本では、不足する事は考えにくかったのですが、最近はそうでもない様に感じます。
後は、作物の要求量に見合う窒素・リン酸・カリを過不足無く投入してあげる事です。
施設園芸では、単位収量を上げるためと品質向上のために、養分は人間がシッカリ入れてあげないといけません。また、生育初期と花芽分化期前後は、特に窒素が切れない様に気を付けた方が良いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック