今年はアスパラは「ダニ」に注意!

先日からアスパラの生産者さんに行く度に、
ダニの発生を見ます。
茶のホコリダニが出るなら解りますが
普通のハダニの様です。
葉に艶が無くなる、
葉が小さく委縮する等の症状が見えたら
ダニに感染して居るかもしれません。
酷くなると蜘蛛の巣が張りますし、
もっと酷くなると、
寄生箇所全体が黄色く変色し、
白く色が抜けて来ます。
萌芽は少なくなり、
細くなり、
奇形も増えます。
ダニがアスパラの組織を壊す酵素を出しますので、
その影響です。
あの目に見えない大きさの昆虫が
色んな植物に、多大な被害を与える原因です。
もし、気に成る事が在れば、
直ぐに手を打ちましょう。

管理としては、
肥切れに注意すると同時に
充分な水分を与えましょう。
湿度が高かったり
気温が高くなったりすると
アスパラも体力が落ちて来ます。
根っこのケアを十分にしてあげて下さい。

ここから宣伝です。
根っ子のケアには
「オルガSP」が役立ちます。
粉体と液体とありますが、
手が掛けられるならば、
より効果が高く、価格も手頃な「粉体」をお勧めします。
バチルスLSBもどうぞ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック