アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
植物栽培微生物研究会(微生物で環境に優しい農業)
ブログ紹介
以下は私の私見に基づく内容です。色々な事について書き込んでいきます。質問が有れば、私の解る範囲でお答えします。

出来るだけ農薬を使わない農業を目指す。
有機主体の栽培を目指す。
元気な野菜を作る。
微生物を利用する。
植物の栽培に有用な色々な物について知りたい。
植物の生理について。
酵素、核酸、アミノ酸について。
zoom RSS

圃場の土の団粒化と植物の生育。付け足しで自家製微生物資材の簡単な説明です。

2017/10/17 11:16
今朝も暗いスタートで
照度が5000ルクス有りませんでした。
気温は12℃、湿度は92%有りました。
今はずいぶん明るくなって
照度が2万5千㏓、気温17.2℃湿度71%です。
午後は晴れて来る予報です。
光と温度が取れる時に取りましょう。

今日は光合成と養分吸収をさせる良い機会です。
明日もお天気の予報ですので、
この2日間が重要です。
水分の少なかった圃場も、
今のタイミングで灌水すると良いと思います。
乾き過ぎると微量要素は吸い難くなっています。
微量要素が不足すると、生育バランスが取れなくなります。
それが将来の病害に繋がります。
体の骨格を作るカルシウムやケイ素も乾くと吸えません。
窒素は無理してでも吸いに行くのですが
古葉が枯れて来て、新葉の色が淡くなるのは
根から吸えて居ない証拠です。
圃場の土が団粒化して居れば、
或る程度は水分、養分の供給が出来ますが、
パサパサして埃っぽくなってくると、団粒が崩れて居ます。
先ずは水分、そして微生物(好気性、嫌気性)の補給。
根に団粒がくっ付くと、萎れ難く生育が安定します。
その手助けになるのが「オルガSP」です。
今の時期、反当り2〜3ℓ灌水時に流すと良いです。

イチゴで炭疽病や萎黄病が出ている所が結構あるようでした。
ここまで来ると、効果的な農薬が使い難くなります。
菌は菌で叩くと、効き目はゆっくりですが
拡がり難くはなってきます。
バチルスLSBは役に立つかもしれません。
Lは乳酸菌の頭文字、Sは酵母の頭文字、
Bがバチルスの頭文字です。
大きく3種類、約80種の菌が入って居ます。
夫々が夫々の役目をします。
総合格闘技の集団が「バチルスLSB」と言う所です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寒い時は、管理には細心の注意を。

2017/10/16 10:02
昨日の今頃は5000㏓しか無く、
明るくても8000ルクスでした。
今日はスタートから8000ルクス有りました。
光は欲しいです。
気温は11.3℃、湿度81%です。
昨日も、朝の湿度はこれ位でした。
昼間のハウス内の湿度は60%位になって居ます。
やはり乾燥します。
こう言う時は、土壌水分は乾き過ぎない様に気を付け、
樹勢が弱い時は葉面散布が効果的です。
気温が低く、照度も低いと
光合成が十分出来ません。
そうすると根からの吸い上げも良くありません。
積極的吸収で吸い上げますが、
光合成による蒸散圧が小さいと
吸収も多くありません。徒長する危険性も有ります。
養分吸収が少ないと、健康状態も優れなくなります。
換気にも気を付けましょう。
今の照度は2万㏓まで上がって来ています。
昨日よりは良い感じに成って来ました。
照度が上がれば生育は悪くありません。
温度はハウスの開閉で管理出来ます。
ここ数日間は、冬の管理で良い感じです。
ハウスの利点は、照度と高温以外は管理出来る事です。
温度、水分、養分をコントロールしましょう。

この気温が続けば、アスパラは転流モード全開です。
来春の収穫の為に、ここからの管理が大切です。
乾燥し過ぎている所が散見されますので
水管理には注意が必要です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さぁ!管理の腕の見せ所!

2017/10/14 08:55
昨日は温度が上がらない一日でした。
今日から暫くこう言うお天気の様です。
今の気温16.3℃、湿度85%、照度8500㏓。
昼間は照度が上がると思います。
植物にとっても気温の極端な変化は苦しい処です。
気温も重要ですが、今必要なのは「照度」です。
温度・光・水・養分の4つの要素で、
一番低い物に左右されるのが解っています。
植物の生育が順調な時には、
この4つのバランスが取れています。
4枚の板で作った「桶」を想像すると良いです。
中に水を貯めようとすると
一枚が低いと、その高さ以上に水は溜まりません。
生育がグ〜ンと来る時は、
不足して居た要素が補われた時です。
露地だと殆んどお天気任せですが
ハウスは光以外は操作できます。
そこの操作が腕の見せ所です。
今日は酵素や核酸が
なぜ効くのかと言う話にしようと思っておりましたが
予定変更しました。
またの機会に。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


季節の変わり目と言う事ですが・・・。管理は注意しましょう。

2017/10/13 08:48
今朝は寒くなりました。
今の気温は19℃湿度70%
照度は3000㏓です。
今日は暗いスタートです。
涼しいので、ハウス内作業は逆に楽ですね。

アスパラは、大方水不足に成っている感じです。
斑点病が酷くなっている所が有る様です。
温度的に病原菌の働き易い温度には成っています。
乾いて居る性も有りダニの発生も見られます。
ここから先が株にとって重要な時期と成りますので
管理には気を付けて下さい。

イチゴは萎黄病が出ている所が有りました。
100%では有りませんが
バチルスLSBの潅注は、発生株が増え難い点で
効果がみられるのと、補植苗が付き易い効果が望めます。
後は根張りが良く成る様に、オルガSPの潅注です。
もう花芽が上がり始めておりますので
株が大きくなり難くなります。
特に今年の気温は、若干低いので
注意が必要です。

トマトは何処も順調でした。

オルガSP粉体を仕込み中です。
第1弾は今月末に出来上がりますが
第2弾の仕込みを続けてする予定です。
夏は不足しましたので
このお度は不足する事が無い様に努めます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


これから急ぎで出掛けます。

2017/10/11 09:57
これから暫く天候不順が続くような天気予報です。
イチゴにとっては、丁度マルチ掛けのタイミングなので
丁度良いですね。
今年は早い方が良い気がします。
一日の寒暖差が激しいので
また、空気が乾燥する日と、
昨日の様に湿度の高い日が有りますので
乾燥し過ぎを防ぐためにも
早い方が良い気がします。
一番は「地温の確保」ですね。
病気については、余り聞こえませんが
バチルスLSBでお手伝いできるかもしれません。
ご相談下さい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハウスの利点を見直しましょう。各植物とも良好です。イチゴはこれから。

2017/10/10 09:11
朝は曇ってましたが、今は良い天気。
午後からは下り坂の様です。
前線の通過後は寒くなるようです。

今朝は気温22℃、湿度75%、照度は8万㏓。
今は気温24.6℃、湿度は変わらず、照度10万ルクスです。

昨日はイチゴとトマトとアスパラしか見て居りませんが
どの植物も聖域う状況は良好でした。
イチゴは水分次第で葉の展開も良く
花芽が上がり始めています。
今の管理で年内が決まりますので
生育状況に合せた管理を心掛けて下さい。
腋果の分化時期も、株の状況次第ですが
バラつきが有りましたので一概に言えないかもしれませんが
大方は分化して居ると思われます。
一番良いのは、一度検鏡して貰う事です。
分化して居れば、ここからイチゴに合せた管理をします。
もう花芽が飛ぶ事は有りませんから、安心です。
ハウスの利点を充分に発揮させる事が出来ます。
温度、光、水、養分です。
養分には炭酸ガスも含んで考えましょう。
炭酸ガスについても、発生させる時間帯が重要ですので
効率的に利用しましょう。
ぶら下げ型の物も有る様ですが、
無いよりは良いかもしれませんが、
コスト的に高くつきますので考えた方が良さそうです。
炭酸ガスを発生させるには、色んな方法が有ります。
通販で炭酸ガスボンベも購入出来ます。
1本5kgか10kgで5000円位でしたでしょうか?
但し、レギュレーターが1個い万円位でした。
ガス、石油、炭、ロウソクなど、燃焼すれば炭酸ガス葉出ます。
1日中燃やす必要は無いので、
必要な時間帯だけ燃やせば良いので、
高価な器具を購入するより、
現実的な所で考えましょう。
ランニングコストも重要です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


涼しい方が良いですね。週末は寒くなる?

2017/10/09 10:50
昨日の夜は雨になりました。
天気予報ではどうだったかなぁ?
露地物野菜は雨の度に成長しますが
丁度良い感じなのでしょうか?

今日は朝こそ湿度が高かったですが
今は57%です。気温は24.8℃。
照度は陰ると6万㏓、日が差すと10万ルクスと言う所。
昨日は都内は暑かったです。
週末には寒気が下がって来るとか。
激しい天候変化です。
予測して手を打ちましょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

植物栽培微生物研究会(微生物で環境に優しい農業)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる