アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
植物栽培微生物研究会(微生物で環境に優しい農業)
ブログ紹介
以下は私の私見に基づく内容です。色々な事について書き込んでいきます。質問が有れば、私の解る範囲でお答えします。

出来るだけ農薬を使わない農業を目指す。
有機主体の栽培を目指す。
元気な野菜を作る。
微生物を利用する。
植物の栽培に有用な色々な物について知りたい。
植物の生理について。
酵素、核酸、アミノ酸について。
zoom RSS

暑さ対策を!暑いですね!

2017/08/09 09:07
昨日の台風は、栃木県は対して被害は無かったようで何よりでした。各地では色々と被害が出ているようで、お見舞い申し上げます。
昨日も蒸し暑かったですが、今日は今年一番の暑さになるとの事。暑さ対策は必要です。光線も大きな要素ですので考えましょう。何と言っても太陽光線の熱は半端無いですから。
1つの目安として、今の時期、直接お日様の光が当たっている時は、9時から3時ごろまでは15万ルクス位有ります。腫れても薄い雲越しに当る光は10万ルクス。薄曇りの時が5〜8万ルクス。曇り空で3〜5万、少しくらい曇りでも1〜3万、雨が降りそうなくらい暗くて5000ルクスと言う所です。
あくまでも1つの目安です。快晴の時は60%遮光でも充分過ぎます。逆に曇りの時は遮光を外した方が良いかもしれません。大変な作業ですが、遮光ネットを開閉できるようにする工夫が必要かもしれません。曇りの日にかけっぱなしだと、徒長し易くなります。
後、通気性が良い事も。風が当たるハウス内の外側は徒長し難いです。それで、循環線は効果が有ります。ただ、高価なので、わざわざ付けるのは大変です。そう言う時は、工場用扇風機を1台、欲を言えば2台、ハウスの対角線上に置き、夫々、ハウス内のビニールが張ってある方に向けて回します。植物に直接風を当てると、風が当たる所が乾きやすいので、直接は当てないで下さい。ハウス内の空気が澱まなくなりますので、効果が有ります。

昼間はハウス内作業はきついので、大変ですが、頑張りましょう!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


元通りに暑くなりました。ニラは良いね!

2017/08/07 13:20
台風の接近に連れて、元通りに暑くなりましたね。
暑さに負けず、ファイトです!

ところで、先日見た記事で
ニラは消化機能を改善し、体力回復に効果が有るとの事。
冬は鍋でニラを良く召し上がると思います。
ところが、ニラにはどうも夏バテにも効果が有る様です。
鹿沼でニラそばとか、確かに夏食べて美味しいです。
元気が出る気がします。
今度食べましょう!

アスパラも、名前の通りで「アスパラギン酸」が入っていますので
夏バテに効果が有ります。
昔、CMで、「アスパラ〜で、遣り抜こ〜およ!」と言うのが有りました。
ニラとアスパラの玉子とじなんて良いかも!
それに「ネギ」を入れれば最高かな?

今日、オルガの袋詰めは出来ませんでした。
明日は出来るかな?

もう少しお待ち下さい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今月はブログ更新2回目です。ラインは昨日お休みでした。

2017/08/05 23:55
蒸し暑さが復活しました。
涼しかった日々が嘘の様です。束の間の涼しさでしたね。
涼しい間に、圃場の整理はつきましたでしょうか?
ダニ対策やアザミ対策にも絶好の温度でした。
でも、今日は蒸し暑かったですね!
参りました。

オルガSPがどうやら明日か明後日、袋詰め出来そうです。
未だ少しアンモニアの匂いがしますが、完成です。
出来上がりはこうご期待です。
ただ、今回もほぼほぼ完売状態です。
次を直ぐに仕込まなくては。
皆さん、有難うございます。

アスパラは、今が一番出ているのではないでしょうか?
場所によっては、一段落のサイクルになっている所もあるかもしれませんが、大体は絶好調に出る条件が整っています。熱帯夜で湿度が高いと、翌日、頭が爆発して居る物が出ますが、毎年そう言う条件で発生しています。今、もし少ない様ですと、日照不足が考えられます。今日は照りましtから、明後日位には量が増えると思います。
水は、今は何時やっても良い条件です。但し、湿気が籠らない様にして下さい。灰カビの原因になります。真昼でも、涼しく感じますので、却って良いと思います。

トマトやイチゴの苗も、水は朝夕だけでなく、12時位に上げるのも良いです。水不足にしないように心掛ける事です。全ての生命活動には、水が必要です。成長させたくない時は、逆に水を制限します。窒素代謝に影響しますので、水を制限すると、成長を抑制できます。

人間も植物も、環境の変化が大きいと、それに影響を受けます。暫くすると、その環境に順応しますが、それまでは少し活動が弱まります。
疲れが溜まる頃です。
夏バテに注意して頑張りましょう!、
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


涼しい一日に!西は暑い様ですが・・・。

2017/08/02 12:11
今日は涼しい一日になりそうです。
朝から電話が鳴り続けでした。
概ね、生育が良くないと言う事です。
植えたばかりの苗は、未だ根が張って居ません。
根鉢の中の根しか有りませんので、そこに養分が必要です。
定植して時間が経ったものは、根は張っているはずです。
ただ、今年は乾燥が強かったので
根を張る予定の土壌の水分がどうだったか?
水分の無い所には、根が張れませんので
根の伸長が十分でないかもしれません。
暑かったので、体力が落ちている事も考えられます。
また、ここ数日は日照が少ないので、
且つ、湿度が高かった為、充分な蒸散が出来ていなかったと思います。
養分吸収と光合成が十分出来ていないと
生育が良く無くなります。
こう言う時は、葉面散布で追って上げると良いと思います。

(ここからの詳細はラインに)

ところで、今日、新しいスマホが来ました。
遂にスマホデビューです。
でも、今回は慎重にやります。
前回、タブレットを導入した時に
ラインのデーターが全て消えてしまい
復旧する事が、未だ出来て居ません。
良い方法が有るそうなので、
詳しい人に善く聴いて、
それからです。
本体は9800円。月々1000円若のデータプランだけ入りました。
電話番号はスマホの番号は使わない予定ですので
今まで通りでお願いします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昨日の続きです。白絹病対策。台風も来そうですね!

2017/08/01 09:02
長期予報によると、
台風は来週西日本か東日本に上陸する確率が高い様です。
毎日の作業の合間に来るかも知れないという予想を入れた対策を考えて下さい。

昨日は、今、露地野菜で白絹病が発生して居ると話しました。
そうすると、農薬散布で対処しようと考える方が殆んどでしょう。

確かに、発生している所に散布すると、
それなりに効果は有るでしょう。
でも、これまでに経験されていると思います。
何回撒いても治らない。
農薬が効かなくなった。
もっと強い薬剤を撒かなければイケない。とか。

何故、病気が発生したのか?
どうして農薬が効かないのか?

と言う事を考えなければ、農薬代が嵩むだけの結果になります。
そして、結果、半作。減収。経費増大です。
農協や農薬販売業者にとっては「思う壺」です。
作る方、食べる方にとってはタマッタもんじゃない!です。

原因を絶ちましょう。
白絹病が発生する時は、過去の例から見て
梅雨明け、秋雨後等です。
その時どうなっているか?
圃場が酸性に傾いています。
窒素も流亡傾向です。
中でも、ペーハーの下がった所、凡そ5.5以下になって居ました。

ですから、先ずはペーハーの改善が必要です。
ペーハーを改善するのに一番安上がりで、効果が有るのは、

(以下、ラインに)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年も昨年と変わって無かったんですねぇ。白絹病に注意!

2017/07/31 08:59
昨年のFBの記事が出てました。(下記参照)

昨日はと言うか、今朝はごぜん4時に帰宅。
流石に疲れました。
今日は久し振りにFB。
ブログの更新も何日ぶりだったでしょう。
さて、今日も予定を坦々と消化しよう。
未だ訪問出来て居ないお客さんが沢山!
すみません!

今の時期に、何かと集中しているようです。

ところで、梅雨時期の雨は兎も角、
最近の集中的な雨で、土壌ペーハーが下がっているようです。
ペーハーが下がると、また、温度が少し下がりましたので
白絹病が発生し始めているようです。
ニラやネギの生産者さんは注意して下さい。

露地植えの物は、ペーハーと肥料切れに注意です。
酸性雨とは最近言われませんが、
雨は酸性と思った方が良いです。
そして、雨が多いと土質に依りますが
養分が流れやすいです。
水はけの良くない所は、根のケアが必要です。
根には酸素が必要です。

圃場を注意深く観察しましょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


気温は程々に成りましたが、これまでのダメージが出ている感じです。

2017/07/29 08:47
高温多湿の過酷な時期は、今は小休止の様ですね。
先週までより凌ぎ易くなりました。
過酷な時期を過ごした植物も、
ようやく一息つけると言う所でしょうか。
日差しの強さも、曇天でそうでもなく
最高気温も30度を切る様に成って
湿度もそれほど高くない。
疲れが出ているかもしれません。
良く観察して、異常は無いか見て下さい。
今なら異常が見つかった時の対処が出来ます。
薬剤散布にも、高温でも多湿でもなく
薬害が出難いのでチャンスです。

アスパラは、立茎した茎の偽葉が込み合っていると思います。
暑い時期に、収穫時に見落とした芽が伸びて、込み合っている所があるかもしれません。
混み合って風通しが良くない所には灰色かび病は出てないでしょうか?
灰色かび病の後は斑点病が付き物です。
ハウス内は乾燥し易いので、
ダニとアザミは出易い環境でした。
通路も偽葉で溢れて居ませんか?
通路は、作業で通るだけでなく
風通しを良くする効果も有ります。
薬剤散布も、し易くなります。

イチゴは、苗が育って来ていると思います。
何時、ポットに植えたかに依りますが
そろそろ肥切れに注意が必要です。
肥切れは炭疽、水切れは萎黄です。
毎年、8月になると炭疽が出ています。

トマトは、高温障害とカルシウム・ホウ素の不足に注意しましょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

植物栽培微生物研究会(微生物で環境に優しい農業)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる